黒田の視点

ドル円相場観_2016.12.01: 節目を見ればまだ買い継続也・・

   投稿日 :16年 12月 01日 13:14

        
こんにちは、黒田です、、

本日も、よろしくお願いいたします、、

さて、ドル円ですが、
ここ最近はずっと買い方針でご紹介していますが、
現在はどうでしょうか、、

早速ですが、チャートを見てみましょう、、
久しぶりの4時間足です、、


USDJPY_20161201_4.jpg


こうやって見ても、
まずは111.40円レベルのレジスタンスが
青〇のようにサポートに転化しているのが
分かるかと思います、、

そして、何度か抑えられていた
赤〇である113.40円レベルのレジスタンスが
またサポートに転化しているのが
見て取れますね、、

レジスタンス→サポート→レジスタンス→サポートを
繰り返していて、いい上昇の仕方をしています、、


さて、世間ではすでに米国大統領選時の安値からは
13円(1,300pips)の上昇をしているので、
もうそろそろ下落するのでは、、
といった話も出てきています、、


しかし、高値更新中で売る材料もないのに
もうそろそろといった根拠のないトレードは
控えるべきです、、

確かに下落はどこかでありますが、
それがどこかは誰にも分らないことです、、

なので、上昇してれば買い、、
下落の材料が出てくれば売り、、

単純に、シンプルに相場を見れば
振り回されることはありません、、


なお、ドル円においては115円という節目は
過去何度も意識されてきた重要な節目でありますが、
だからといって、売りに転じる必要はありません、、

すでに110円台前半から買いで継続している方も
多いと思いますが、
ストップを引き上げながら、対応すれば何の問題も
ないですね、、

現状では、4時間足での相場観では、
最低でも113.40円を割り込まない限りは買い継続、、

少し余裕を見れば、
112.50円を割り込まない限りは買い継続、、
といったところですね、、